FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.14

資格試験「小論文」過去出題されたテーマ

2014年資格審査の日程が発表になりました。
一次試験が10月5日、二次試験が11月22~24日の予定だそうです。

もうすぐ4月、新たな年度が始まります。今年の資格審査受験を目指す方々の中には、4月から勉強を頑張ろう!という方もいるかもしれません。

一次試験「小論文」について過去出題されたテーマを以下にまとめましたので、小論文対策の際に参考にしてください。
なお、小論文の時間は90分、1,001字以上1,200字以内で書くことが求められます。

【1998年】3つのテーマから1つ選択
・ラポールの意義について述べよ
・テストバッテリーと査定の異同について述べよ
・専門家の倫理観について必要性を述べよ
【1999年】3つのテーマから1つ選択
・激しい怒りや依存感情をぶつけてくるクライエントを受容するとはどういうことか
・一定の評価や信頼が得られている心理療法について批判的に述べよ
・共感、ラポールの意義について
【2000年】
・虐待の問題について論ぜよ
【2001年】
・カウンセリングとコンサルテーションの異同について述べよ
【2002年】
・心理面接において、心理臨床家は関与的観察者たることが求められるが、その理由を述べよ
【2003年】
・クライエントが自殺したいと告白したとき、どのように対応するか述べよ
【2004年】
・「事例研究法」と「数量的研究法」の異同について述べよ
【2005年】
・心理臨床実践活動の中で(大学院や学部の実習事例でも可)イニシャル・ケースの事例をとりあげ、専門家として資するところを述べよ
【2006年】
・診断と査定の異同について述べよ
【2007年】
・心理面接における沈黙についていくつかの性質についてとりあげ、その対応を述べよ
【2008年】
・臨床心理士として家族と心理面接をする場合、家族関係を心理査定する際に留意すべきことを3点以上述べよ
【2009年】
・心理面接の意義について、以下の2点を含めて、あなたの考えを述べよ
 ①あなたの経験  ②面接に影響を与える要因
【2010年】
・「心理査定面接」と「心理面接」において、臨床心理士とクライエントとの関係性の異同について例を挙げて述べよ
【2011年】
・臨床心理士が他職種と連携協働する際に、あなたが重要だと思うこと2点を具体的に挙げながら述べよ
【2012年】
倫理綱領が配布される。倫理綱領を踏まえて以下を述べる内容
・倫理綱領に関して自己の具体的事象を1つ取り上げ、その事象についての取り組み、学んだこと、臨床の場でどのように生かしたかを述べなさい
【2013年】
・今後あなたが臨床心理士として心理療法を行う際、スーパーヴィジョンを受ける意義について、あなたの経験をもとに述べよ



※以上のテーマは、受験経験者からの情報をもとにしているため、試験で出題されている文章と一部異なる可能性があります。ご了承ください。
この記事へのトラックバック URL
http://psychoc4.blog.fc2.com/tb.php/73-a85ff5d6
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。